全身へのNK細胞療法

抗がん剤治療全身のがん細胞は手術放射線治療では除去できません。目に見えないがん細胞が全身に隠れていて再発や転移した場合、全身療法として薬物療法やNK細胞療法があります。第4の治療法である免疫療法の一種のNK細胞療法はどの様な事が出来るのでしょう。

抗がん剤などによる薬物療法は増殖するがん細胞に対する全身療法です。完治が期待できる場合もありますが抗がん剤の多くは副作用があります。薬物療法は正常な組織や免疫細胞も攻撃するので体力低下や、薬剤耐性で効果が無くなると治療を中止する事もあります。

がん細胞を自ら攻撃して全身に攻撃命令もだすNK細胞よるNK細胞療法は、全身の目に見えない増殖するがん細胞への攻撃や除去が可能です。患者本人が持つNK細胞を取り出して強化・増殖させ体内に戻し、免疫力を上げて全身のがんを直接攻撃します。特に初期のがん細胞への攻撃や、再発と転移の予防に効果を発揮します。薬物療法や放射線治療と併用すると副作用を抑えながら治療の効果を高めます。自分の免疫細胞を使うので副作用が少ないため再発率の低いがんへの再発予防にも有効で、生活の質の改善もできる治療法です。

NK細胞療法は抗原抗体反応がないので、体内に戻してから効果が現れるまでの即効性などが高いです。NK細胞療法は自分の免疫力を上げて全身のがん細胞を攻撃しながら、他の治療の効果も高める、体への負担が少ない治療法です。