がんの手術

がんの3大療法の一つである手術は、がんの告知を受けた時に最初に選択すべき基本的ながんの治療法とされています。がんに対する手術とは具体的にどの様な治療法なのでしょう。

手術はがん細胞の塊を取り除くことを目的とした局所療法です。がん細胞は塊となり発生場所に留まり、時間が経つとリンパなどに乗って全身の様々な部位へ転移します。塊となったがんは目に見えるので手術によって除去できますが、微小転移した目に見えないがん細胞は手術で除去できません。手術でがんを取り除いた後、NK細胞療法を併用することで、NK細胞が目に見えないがん細胞を攻撃して転移や再発の防止になります

メス手術はメスで直接がんを除去します。目に見えるがんだけ除去すると取り残すリスクがあるので、周辺の正常な組織も除去します。メリットは、がんの病巣源や転移先で周辺組織を含むがんの塊が直接除去できることと、微小転移がなければ完治可能なことです。デメリットは切除した部位によっては臓器不全を伴ったり、体の機能が失われたりします。手術後に感染などの合併症が起きる事や、手術の傷の回復に時間がかかる事もあります

このように手術は転移の有無によって効果が変わります。手術できない場所のがんや、末期や重度のがん、手術に耐えられないほど体力が落ちている場合には適さないことがあります。体への負担を少なくする内視鏡や腹腔鏡手術の普及も進められています。

がんの治療法

1981年に日本人の死因1位はがんになって以降、増え続けています。身近な病気のがんには様々な種類があり、治療法もそれぞれ違います。日々研究が進むがんの治療法にはどの様な種類があるのでしょう。

人手術は目に見えるがんをメスで直接除去する治療法です。微小転移したがん細胞は手術で除去できないので、NK細胞療法の併用でがん細胞を直接攻撃して転移や再発の予防が可能です。手術は正常な組織も取るため取り残しの可能性は少ないですが、臓器不全や体の機能の喪失や、回復に時間を要する事があります。転移の有無で効果に差があり、手術できない部位などには適しません。

放射線治療はがんに放射線を照射して、がんの根治や縮小をする治療法です。外部照射と内部照射があり、補助療法にも使われます。手術不可能な部位のがんに対応したり臓器を温存できたりしますが、副作用や照射の制限による中止、免疫力の低下などもあります。放射線は正常な細胞も攻撃するので時期を見極めてNK細胞療法を併用する事で、免疫力と放射線治療の効果を高めながらNK細胞が直接がん細胞を攻撃します。

手術や放射線治療で取れないがん細胞に対してNK細胞療法があります。薬物療法も全身療法として有効ですが、副作用や薬物耐性による中止、免疫力の低下があります。NK細胞療法は自分のNK細胞を強化して免疫力を上げながら全身のがん細胞を攻撃・除去するので副作用が少ないです。薬物療法などと併用する事で副作用を抑えてQOLの維持などが可能です。

手術と放射線治療は局所療法ですが、NK細胞療法は全身療法です。このサイトでは手術と放射線治療、NK細胞療法について説明します。