がんと放射線治療

がんの3大療法の一つである放射線治療。近年では放射線治療の進化によって、がんのステージや種類によっては放射線治療も手術と同等の効果が認められています。

放射線治療はがんの根治や縮小、症状の緩和を目的として、がんに放射線を照射する局所療法です。治療法は体外から照射する外部照射法と、体内の組織や体腔に放射線源を入れて照射する内部照射に分けられます。がんの種類やステージによって、併用や単独での治療法があります。治療にはX線やγ線、電子線などが用いられます。

がん細胞放射線治療のメリットは手術で切除できない部位に対応できる事や、がん周辺の臓器の形態が温存できる事です。デメリットは副作用がある事や、照射できる放射線量の制限によって治療を継続できなくなる事です。また、放射線はがん周辺の正常な組織にもダメージを与えるので免疫力が低下します。NK細胞療法を放射線治療と併用すると免疫力が高まり、放射線治療による副作用を軽減してQOLの改善や維持がしやすくなります。NK細胞療法は他の治療法と組み合わせると相乗効果が期待できるので、放射線治療の効果を高めて、生き残ったがん細胞をNK細胞が直接攻撃することが可能です。

放射線治療は手術前後の補助療法や、再発の治療法などにも使われます。NK細胞療法と併用する場合は、正常な細胞も攻撃する放射線治療の特徴を考慮して併用のタイミングを決めることが大切です。